ノマド

【PITAKA MagEZ Case2 for iPad レビュー】iPadケースをつけたまま純正キーボードが使える

普段iPadとMagic Keyboardの組み合わせで使用しているが、Magic Keyboardは手書きには向いていないため、メモやラフスケッチをする際にはMagic Keyboardを取り外して使用している。

デスクに置くにしろ、スタンドを使うにしろ、Magic Keyboardを取り外すということはiPadを生身のまま使用することになるので傷がつく可能性が高くなってしまう。
アルミ製のスタンドなどに置く場合はなおさらだ。

なので別途smart folioに付け替えたりしているが、付け替えも手間だし外出する際には荷物が増えてしまうという悩みがあった。

今回ご紹介するiPadケースはそんな悩みを解決してくれた。

  • キーボードカバーからiPadを取り外して使用することが多い
  • ケースなしでiPadを使いたくない
  • キーボードカバー装着時、iPad側面が保護されていないことが気になっている

PITAKA MagEZ Case2 iPad Pro 概要

PITAKAについて

iPhoneケースや充電スタンド、AirPods ProケースなどApple製品をはじめとしたスマホ・タブレット系のグッズを展開するブランド。

アラミド繊維と呼ばれる高硬度・軽量・高耐久に優れた高機能繊維を用いていることが特長だ。アラミド繊維はタイヤや光ケーブルの補強材、防弾チョッキなどにも採用されている素材なので信頼性も高い。

なお、カーボンファイバーも似たような素材として知られているがアラミド繊維の方が電波に干渉しないためスマホやタブレットのアクセサリーに適していると言える。

製品仕様

iPad iPad Pro(2018・2020・2021モデル)、iPad Air(第4世代)
サイズ 11インチ(10.9インチ)/ 12.9インチ
重量/薄さ 92g/1.6mm
素材 アラミド繊維
備考 マグネットシステム搭載
Smart Connectに対応するメタル端子を背面に搭載

 

PITAKA MagEZ Case2 iPad Pro 外観レビュー

ケース背面はスタイリッシュなツイル柄とサラッとした質感が心地良い。
エッジ部分はプラスチックとなっている。

他社のiPadケースと大きく異なるデザインが片側側面を切り取っているようなデザインだ。これはMagic Keyboardを装着した際にヒンジ部分に接触させないための配慮だろう。

iPadの色も見えるようになるのでデザイン的に悪くないのではないだろうか。
本製品を求める方は基本的にMagic KeyboardやSmart Keyboard Folioを装着して持ち運ぶことが想定されるので傷付くリスクも少ないだろう。

キーボードから外して使用する際には注意が必要だ。

iPadと接触するケース裏部分は特に別素材を使用したりなどの加工はない。
厚さがわずか1.6mmなのに中にマグネットが仕込まれているというのもすごい。


PITAKA MagEZ Case for iPad ProのポイントはSmart Connectに対応するメタル端子が備わっていること。これによりMagic KeyboardやSmart Keyboard FolioなどのApple純正キーボードが使えるようになる。

USBポートやスピーカーも問題なく使える。USBポートは大きく切り抜かれているのでケーブルのコネクタ部分がやや大きいものでも問題なさそうだ。

カメラ周りも縁が盛り上がっているので干渉しないようになっている。
背面をデスクに置いてもカメラが当たることはない。

PITAKA MagEZ Case2 iPad Pro 使用レビュー

iPad単体での使用時

実際にiPadを装着するとこんな感じ。片側側面から見えるiPadの本来の質感もマッチしているように見える。

ケース側面はApple Pencilも問題なく使える。磁力を考慮してややくぼんだ形になっているので充電も問題なくできた。

ショップレビューなどでApple Pencilが充電されないという声もあるが、おそらくApple Pencilにカバーをつけている場合が考えられる。私はカバーを付けずに使っているので問題はないが、カバーをつけている方はカバーの厚みによっては充電されない場合もあることを注意してほしい。

自宅では手書きするときもタイピングするときもアルミスタンドに設置して作業することが多い。保護用のシリコンがついてはいるものの、乗せるときにアルミ部分に当ててしまったりと傷をつけてしまう可能性は無いとは言えない。

今まではMagic Keyboardから取り外したらSmart Folioに付け替えてアルミスタンドに乗せていたが、MagEZ Case for iPad Proならキーボードから取り外してそのままアルミスタンドに乗せられるので1アクション省くことができる。

Magic Keyboard使用時

ケースをつけたままMagic Keyboardが使える。これが一番やりたかったことだ。
つけてみるとケースをつけているとは思えないくらいスムーズに取り付けることができ、キーボードも問題なく入力することができる。

ヒンジ部分のケースが片側側面を切り取っているデザインによって干渉することなく閉じることが出来る。


閉じてみても浮くこともない。私はNIMASOのペーパーライクフィルムを使用しているが、厚みのあるガラスフィルムを使用している場合は浮いてしまうことがあると公式ページで注釈がある。これも購入前に気をつけておいてほしい。

気をつけてほしいこと

2021年モデルは製品が違う

2018/2020年モデルと2021年モデルではスピーカー位置や厚みが若干異なるため、同じインチでも装着が出来ない。それぞれ自身のお使いのiPadの世代にあった製品を選んでほしい。

旧モデルも販売中

引用:PITAKA公式サイト

今回レビューした製品は「MagEZ Case2」だが、旧モデルの「MagEZ Case」も発売されている。
デザインや用途は基本的には変わらないが、MagEZ Case2だと磁力で貼りつくMagEZ standなどのオプションパーツも使えるようになっているようだ。
※Case1だとケース中央部に磁石が入っていないのでスタンドにつかないらしい。

Amazonでは価格は両方とも同じ価格なのでオプションパーツを使う予定が無い場合も、新モデルを購入しておいたほうが良いだろう。

PITAKA MagEZ Case2 for iPad Pro まとめ

・ケースをつけたままでApple純正キーボードが使える
・キーボードから取り外して使うときにiPadを保護できる
・純正キーボードでは保護されないiPadの側面もカバーできる

周辺アクセサリーの選択肢が狭まる

使ってみてデメリットと感じることは少なかった。私の使用している周辺アクセサリーでは問題なかったが、ガラスフィルムやApple Pencilカバーなど使用するアイテムが制限されるのはちょっと不便に感じる人もいると思う。

また、USBポート部分もケースの厚みが干渉して直差しタイプのカードリーダーやマルチハブが使えないといったことも製品によっては起こるかもしれない。(ケーブルが伸びているタイプは大丈夫だった)

やや周辺アクセサリーには制限がかかることはあるものの、見事にApple純正キーボードを使うときの不満点を解消してくれた製品だ。