LIFE

元書店員が選ぶ「大人になっても泣ける」おすすめ青春マンガ5選!

電子書籍

学生時代のアルバイト、社会人になってから数年、書店員をやってました宮許です。

働いているときはマンガも小説も雑誌もかなりの量を読んでいました。(もちろん買って読んでましたよ)今でも気になる作品はひたすらチェックして読破しています。

今回は、今まで読んできたマンガの中でも特に「大人になっても泣ける」おすすめ青春マンガを厳選して5作品をご紹介します!

ソラニン

ソラニンのあらすじ

社会人2年目の井上芽衣子は、将来に希望を感じられずにいた。社会や大人に対し不平不満がありつつ、しかしどうすればいいのかわからないまま、ついに勢いで会社を辞めてしまう。

芽衣子の同棲相手であり恋人の種田成男は、大学時代のバンド仲間である加藤、ビリーと定期的に会い、デザイン事務所のアルバイトの合間を縫ってバンド活動を細々と続けていた。喧嘩し、互いに励まし合いながら、先の見えない生活を続けていく芽衣子と種田。やがて、自身の音楽の才能は平凡と言い張り、逃げの姿勢である種田に対し芽衣子は苛立ちを隠せなくなり「バンドをやってほしい」と自分の思いをぶつける。

その芽衣子の一言から種田はアルバイトを辞め、再びバンド活動に熱を入れることを決めた。そして加藤、ビリーらに声をかけ、自身の新曲である「ソラニン」をレコーディングする。

引用元:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ソラニンの感想

芽衣子と種田2人の話が軸になっていますが、芽衣子に共感できる人も種田に共感できる人も相当多いんじゃないかなーと思いますね。

私は本当に種田って昔の自分みたいだなって思いながら読んでました。自分の平凡さを認めつつも諦めきれない、そんな思いから中途半端になってしまっている状況が本当に気持ちがわかって痛かった・・・。

そういうときって自分自身やりきれなくなる半面、ちょっと居心地が良いというか。まだちょっとこのままでいいかなーって先延ばしにしたくなるし、先延ばしに出来てしまう年代でもあるんですよね。

種田は芽衣子や周りの仲間の支えてもらいながら、一つの決断をして大きな分岐点を迎えます。この決断が物語の山をつくり、種田自身も芽衣子やバンド仲間へも大きく影響します。

ありがちな設定、ありがちなシチュエーション、ありがちな物語だけど、ソラニンでしか感じられない世界観が確かにあって。
読み終わったときにとにかく自分も何かしなきゃと思わせてくれる作品でした。

ReLIFE

ReLIFEのあらすじ

前職を三ヶ月で退職し求職中の海崎新太。元々大学受験で二浪した上大学院に進学していたため社会人経験やキャリアが乏しく、現在27歳で就活は難航する。これからの生活に悩む新太の前にリライフ研究所の職員を名乗る夜明了が現れる。夜明は新太を社会復帰させるとして、『1年間の高校生活を送る秘密実験』に参加することを提案する。

1年間の生活費とその後の就職先の紹介のために、リライフ検証実験に参加することを決めた新太は、二度目の高校生活を送り始める。大学院まで卒業したはずの新太だが、テストを受ければ全教科赤点で追試の連続になり、体育ではボール投げでは肩が回らず、徒競走では足が釣って転倒する始末。

二度目の高校生活に悪戦苦闘する新太だったが、秀才だがコミュ障でボッチ女子の日代千鶴、勉強は得意だが運動音痴なチャラ男の大神和臣、ぶっきらぼうで努力家の狩生玲奈、編入生で天然系の小野屋杏……といった個性的なクラスメイト達と共に翻弄されつつも高校生活を送るうちに、新太の内面だけでなく周囲にも変化が起こっていく。

引用元:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ReLIFEの感想

タテ読み!タダ読み!でおなじみのWEB漫画アプリcomicoで連載していた人気ナンバー1の漫画ReLIFE。

大人ならほとんどの人が思うであろう「あぁあの頃に戻りたい…」を体験することになった主人公の海崎新太。
最初は当面の生活費と実験を終えたあとに紹介される就職先を目的に、淡々とReLIFEを終えようと思っていたけど高校生の仲間たちと触れ合っていくうちに…といった内容。

学生のイベントに積極的に参加していた人も、あまり学生生活を楽しんでいなかった人も、当時の若いときには気づけなかったことが、この漫画を通じて改めて気づくことも多いのではないかと思います。
comicoで一番好きな漫画です。連載は2018年3月に終わっているので全部読むことができます。

※一気読みするにはアプリ内でポイント購入が必要です。

コミックは2018年12月現在10巻まで出ていますが、毎回本作では出ていない書き下ろし漫画も入っているのでコミックで読むことをおすすめします!

四月は君の嘘

四月は君の嘘のあらすじ

かつて指導者であった母から厳しい指導を受け、正確無比な演奏で数々のピアノコンクールで優勝し、「ヒューマンメトロノーム」とも揶揄された神童有馬公生は、母の死をきっかけに、ピアノの音が聞こえなくなり、コンクールからも遠ざかってしまう。

それから3年後の4月。14歳になった公生は幼なじみの澤部椿を通じ、満開の桜の下で同い年のヴァイオリニスト・宮園かをりと知り合う。ヴァイオリンコンクールでかをりの圧倒的かつ個性的な演奏を聞き、母の死以来、モノトーンに見えていた公生の世界がカラフルに色付き始める。

引用元:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

四月は君の嘘の感想

彼女の嘘に感動しました。話の冒頭についた嘘が、何かわかるのは本当に最後の最後。

自分の音が聴こえなくなりピアノをやめてしまった元天才ピアニスト有馬公生が出会ったバイオリニスト宮園かをり。
彼女の傍若無人ぶりに終始翻弄されされる中で再びピアノに向き合いピアニストを目指すようになる。

彼女の節々に見られる悲しげな表情や名言の引用をみる度に胸が締め付けられる思いでした。
この物語の良さは公生の周りの人たちの感情も本当に豊かで本当に公生のことを想っているんだなと感じられるところですs。
それは幼馴染の友人だけでなく師事している先生やコンクールのライバルたちもです。

周囲に支えられながらも自身のトラウマを克服し、成長していく姿。
宮園かおりとの最後の演奏。そして最後の手紙。終始泣かせる場面が散りばめられていて久しぶりに泣きました。

恋は雨上がりのように

恋は雨上がりのようにのあらすじ

感情表現が不器用で一見クールな17歳の女子高生・橘あきら。彼女はアルバイト先のファミレス『cafeレストラン ガーデン』の店長である45歳の近藤正己に密かに想いを寄せている。自他共に認める“冴えない男”の近藤だが、あきらはそんな彼の魅力を「自分だけのもの」として、胸に秘めた恋心を募らせていた。そんなある日、アルバイト中に起こったとある出来事をきっかけに、あきらの秘めたる恋心は大きく動き出していく。
引用元:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

恋は雨上がりのようにの感想

この作品は店長の存在がすごく大きい。足のケガを理由に陸上をあきらめたあきらがアルバイト先の店長に恋をする恋愛ストーリーが話の軸だけど、店長の葛藤や諦めていた文学の想いが読んでいてずっしりきました。

諦めていた文学への情熱を、あきらと触れ合うことで、旧友との再会で呼び起こされまたペンを執ることになります。
諦めることも、再び向き合うこともそれ相応の勇気が必要だと思います。自分の夢に対してもあきらに対してもすごく真摯に向き合っている店長には好感しかりませn。

この作品はアニメ化、映画化もされていますがそれぞれ違う最後を迎えます。
あきらと店長がどのような決断をしたのか、アニメを見たことのある方、映画を見たことのある方も原作を読む価値あります。

BECK

BECKのあらすじ

平凡な毎日に不満を持っていた主人公の少年・田中幸雄は、南竜介との偶然の出会いによって、音楽の世界に入り込むことになる。南竜介・田中幸雄を中心に、バンド:BECK(ベック)・英語名:Mongolian Chop Squad(モンゴリアン・チョップ・スクワッド、M.C.S)が結成され、失敗・挫折を繰り返しながらも、音楽への信念を原動力に一歩ずつ前進してゆく様を描く。
引用元:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

BECKの感想

バンド漫画の金字塔と言える作品。主人公コユキの所属するBECKは本当に失敗や挫折の繰り返しです。
大きい力につぶされそうになり、バンドが解散に追い込まれることもあります。それでも諦めずに起死回生を狙って歌い続ける。
その姿が魅力的で、その後に起こる奇跡には背筋がゾクっとするほどの衝撃があります。

一人の冴えない少年が成長し最後に見せる姿には感動しかありませんでした。
一気読みがおすすめです。

紹介した漫画まとめ

いかがでしたでしょうか。

高校生や大学生のときの早く大人になりたい。夢を追いかけて成功してやるといった若者だからこその熱い想い。私にとって、そのときの感覚や感情を思い出させてくれる作品でした。

ただ懐かしがるというよりも、そのときを思い出して今やってること、やりたいことを全力でやってみようって大人になった自分が励まされる。そんな感覚も同時に芽生えます。

今回紹介した作品は、電子書籍でも本でも読むことができるので、まだ読んだことの無い方は、ぜひチェックしてみてください!

ソラニン

ReLIFE

四月は君の嘘

恋は雨上がりのように

BECK

フラットボタン-S