WORK

知ってないと時代遅れ!?世界が熱狂するe-sports(eスポーツ)とは何か

2018年から特にメディアで注目を集めているe-sports(eスポーツ)。
実際に街中でも家電量販店のコーナーや専門店も出来てきて「eスポーツ」という文字を見かけることが多くなっています。

ニュースでも多く取り上げられているので言葉は聞いたことあるけど、、、
って方も多いのではないでしょうか。

今回はこれから大きくなっていくeスポーツ。

少しでも「eスポーツ」を知ってもらうきっかけになればいいなと思います!

e-sports(eスポーツ)とは

エレクトロニック・スポーツ(英: electronic sports)は、複数のプレイヤーで対戦されるコンピュータゲーム(ビデオゲーム)をスポーツ・競技として捉える際の名称である。「eSports」、「e-Sports」、「eスポーツ」、「イースポーツ」、「電子競技(でんしきょうぎ)」、「電競(でんきょう)」等と省略した形で主に使われる。

引用元:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

エレクトロニック・スポーツという名称が正式名称なんですね。

簡単にいうと、ビデオゲームを使ってプレイヤー同士が対戦するスポーツというところでしょうか。
日本では最近流行ってきている印象がありますが、世界では日本よりも早くスポーツとして受け入れられていて
各国のゲーマーがプロ選手として認められています。

特にアメリカや中国、韓国などでは市場規模が日本と比べると桁違いです。
大会の賞金が億単位というものも多く存在していることからも違いがわかりますよね。

e-sportsの種目って何があるの?

単にe-sportsといっても様々な競技(ゲーム)があり、各種目に特化したプロ選手がいます。

主にファーストパーソン・シューティングゲーム、リアルタイムストラテジー、格闘ゲーム、スポーツゲーム、レースゲームを使用して競い合う。以前はFPSやRTSなどのジャンルが主流であったが、この数年ではコンシューマーなどのタイトルも取り入れられるようになり、そのジャンルもさまざまである。

引用元:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

鉄拳やストリートファイターみたいな日本で昔からあるタイトルも種目に入ってます。
自分たちがやったことのあるゲームをプロがどういったプレイをしているのかって考えるとちょっと見てみたくなりませんか?

実は昔からあったe-sportsの文化

日本ではeスポーツは他の国と比べると後進なイメージです。
イメージというか実際に遅れています。

でもゲームという分野は日本が普及させたといっても過言ではありません。
任天堂をはじめ、多くの有名なゲームタイトルは日本で開発され、世界中に広まっています。

実際に、ファミコン世代の人達も近所のゲームセンターとかで格闘ゲームの大会がやっていて
参加したことがある人も多いんじゃないですかね。

規模は違いますが、ゲームを楽しむeスポーツの原点は日本が生み出しているんだと思います。

e-sports(eスポーツ)は日本で受け入れられるのか

世界的に話題になり日本でも注目を集めているeスポーツですが、どのくらい認知され受け入れられていくのでしょうか。

すでにeスポーツにハマっているゲーマーや若い世代には浸透していますが、
ゲームをやるとバカになると言っていた世代、そう言われていた世代はどう感じているのか気になります。

私個人の考えですが、eスポーツがオリンピック種目になったり高額な賞金が出る大会が増えて
プロとしてやっていける環境が出来るのは素晴らしいことだと思っています。

体格で恵まれていない人でも世界に対して戦えるチャンスが広がる可能性があるってことだから。

そういった可能性があることをみんなが認知したうえで、もっと大きい市場になってくれるといいなと思います。